トイレの水のトラブルも自分で直せる時代になった

トイレを快適に使うためにも、もしも水のトラブルが起きたとき、どう対処すればいいのか役立つ情報を知っておくことが肝心です。修理の手順などをを頭の片隅に置いておくようにしましょう。

■トラブルを大きくしないために

水のトラブルは被害が広がってしまわないよう、すぐに対処することが大事です。対処をする際には専門的な知識がなくても大丈夫です。トイレの水漏れ被害を最小限に食い止めるためには、先に止水栓を締めるようにします。止水栓の場所が分からないという方も多いですが、タンクの止水栓はタンクの横から伸びている給水管と壁から出ている給水管の間にあります。トイレのタイプによってウォシュレット専用の止水栓もあるので、こちらも一緒に締めましょう。マイナスドライバーを使えば簡単に締められます。

■水漏れを自分で直すことは可能なのか

水のトラブルも自分で直せることがあるので、トイレの水漏れトラブルが発生したら、どこから水が漏れているのか確認してください。配水管や給水管から漏れているなら分岐の部分に使われている部品の不具合が考えられるので、部品の交換で状況を改善することができます。
便器の中やタンクの中で水が漏れている場合は、タンク内の浮き球やフロートバルブを直すことで水漏れを解消することができます。

■まとめ
トイレの水トラブルは自分で直せることも多いので、慌てずに状況判断に努めましょう。万が一に備えてマイナスドライバーやプラスドライバーを用意しておくと安心です。力の弱い方でも楽に回せます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ