混合水栓の水のトラブルが起きたときの対処法

ちょっと難しそうな水のトラブルと言えば混合水栓の水漏れが挙げられます。水とお湯の両方が出てくる場所ですし、蛇口本体の形状も様々です。しかし仕組みはそれほど違うわけではないので、ちょっとしたマメ知識さえ知っていれば自分で直すことも可能です。

■水漏れの場所を突き止めよう

水のトラブルを一刻も早く解消するために、まずは混合水栓のどこから水が漏れているのか確認していきましょう。ハンドルタイプの場合はスパウトの付け根か吐水口から漏れるトラブルが多くなります。シングルレバーの場合、接続部分やレバーの下、スパウトの上の部分や下の部分などから漏れるトラブルが一般的です。



■自分でできる水漏れの解消

水のトラブルが起きたらそれぞれの原因や状態に合わせて修理していきましょう。接続した部分から水が漏れている場合は、自力で直すことが難しいと言われています。この場合は専門業者に修理を依頼したほうが賢明でしょう。
スパウトの上や下の部分から漏れているならナットのゆるみやパッキンの老朽化によるトラブルが一般的なので、ナットを締めなおしたりパッキンを交換すればOKです。シングルレバータイプのレバーの下から漏れている場合はバルブを交換すれば状況を改善できます。


■まとめ
水のトラブルに関する修理は自分でできることとできないことがあるので、状況を見極めて難しいと思ったときは迷わず専門業者に修理を依頼して、少しでも早く状況を改善させましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ